前へ
次へ

転職をするときに営業求人を選ぶときのコツ

今や転職が当たり前の時代になっていますが、35歳以上になるとなかなか転職先も多くありません。
ですが営業求人だけはなぜかたくさんあります。
もし本格的に営業求人に応募する場合には、基本的なことをマスターしておけばそれなりに採用される可能性も高くなります。
問題は採用された後の仕事内容です。
ただ漠然と仕事をしているだけで給料がもらえるわけではありません。
営業に関しては、多くの会社が歩合制にしています。
矮星にすることにより、能力が高い人はあっという間に年収10000000円を超えますがそうでない人は鳴かず飛ばずになる可能性があるでしょう。
営業で重要な事は、商品やサービスを売り込むことではありません。
そればかりしていると、お客さんに煙たがられてしまうでしょう。
それよりも、営業の基本と言えるのはお客さんの要望に対してしっかりと応えることです。
つまりお客さんの要望を満たした人が営業の成功者と言えるでしょう。

Page Top